台湾語ってどういう言葉?

最近学習者が増えつつある「台湾語」。
台湾語も香港・中国の広東省などで話される広東語などと同様に、元は漢語方言の一つとされ、閩南語から台湾で独自に発展を遂げた言語の一つと言われています。
中国語の文法にも似ているとされていますが、声調も中国語の四声に対し、台湾語は八声。近年学校教育で台湾語の授業が取り入れられるまで、文字がない言語として台湾人の各家庭の中で話されてきた言語です。

diffrenceTC05.jpg

また台湾語は日本時代より前から使われている言語であり、日本時代を経験し日本語由来の言葉も数多く残っているのも特徴です。例えば「トマト」は中国語だと「番茄」ですが、台湾語も「tho-ma-to」と発音します。また他にも「o-ba-sang(おばさん) 」など、日本人が親近感を持つことができる言語の一つと言えます。

台湾語と中国語、台湾ではどちらの方が使う機会が多いのですか?

台湾では公用語である「中国語(國語)」以外に、各家庭で話されている台湾語・客家語・原住民語などがあります。
公用語である中国語以外で、最も多くの台湾人に愛されているのが台湾語であり、台湾では日常的に使われています。台湾人は学校、会社など公的な場所では中国語を使い、各家庭や親しい間柄ではよく台湾語を使うことも少なくありません。

最近の若者の中には台湾語離れから、聴き取れるがあまり得意じゃないという人も増えてきてはいますが、それでも家族との会話は台湾語がメインという家庭も多いようです。但し、新聞や雑誌、文章において台湾語を使うことは非常に希であり、基本的には中国語を書き言葉として使うのが一般的です。

台湾語の勉強方法は?教材はありますか?

現在でも台湾では各家庭で小さいころから耳で聴いて自然と覚えていくのが習得方法とされており、公用語である中国語とは違い、学校で習った経験のない人の方が圧倒的です。最近では学校教育の中の科目として台湾語教育も始まっているようですが、まだまだ台湾国内でも確立されていない教科であるため教材も少ないのが現状です。


教材の発音表記も中国語の注音符号をそのままあてはめられたものを使用しているなど、中国語の発音表記との違いもわかりにくいとの意見も多く、現時点で当センターでは教材を使用しておりません。また台湾においては、公用語である中国語は必須となっているため、中国語を学習しながら、併せて台湾語の学習・発音方法を覚えていくという方法でレッスンを行っています。

diffrenceTC07.jpg

外国人がもし台湾語を話せるなら、台湾人は大変驚き、また同時に親近感を持ってくれることが多いと言います。なぜなら、多くの台湾人にとって中国語以上に慣れ親しんできた言語であり、愛着がある言葉だからなのです。ビジネスの場面で台湾人は親しくなると台湾語を使って世間話をするということはよくある光景ですが、それは台湾語が台湾人同士にとって、現在でも場を和ませ相手と親しくなるためのコミュニケーションツールだからと言えるでしょう。中国語だけでなく、是非奥深い台湾語にも触れてみてくださいね!  

SiGN_2017-10-08-1455.png

SiGN_2017-10-08-1501.png