中華圏のビジネスにおける中国語の重要性

中国市場・中国経済が注目される今日において、今後ますます中国語の重要性が高くなっているくと考えられています。
台湾・中国などの中華圏において、一般的に大事な商談などの際には、やはり英語ではなく中国語が使われています。通訳を使うという方法もありますが、少しでも中国語が理解できる、会話することができるということを相手にアピールできることは、ビジネスの場面で大きな武器となります。

buzmid001.jpg

台湾のビジネス中国語を学ぶメリット

世界で最も熱い視線を浴びているのが台湾のビジネス中国語です。台湾中国語を学ぶメリットとして、中国大陸に比べるとより丁寧な言い回し、また中国語の尊敬語を使用する頻度が高いと言われています。そのため、礼儀を重んじる日本人にとってより親近感を持って学ぶことができ、また同時に中華圏で活躍する台湾人のビジネスマナーについても学ぶことが可能です。

buzmid002.jpg

中国語圏のお客様を増やしたい!

中国からの日本への個人旅行が解禁され、観光業界・サービス業界においてもますます中国語が話せる人材が必要とされてきています。サービス業界においても、今後は中国語圏のお客様を相手にサービスを提供することができるかどうかが大きなポイントとなりつつあります。世界に通じる中国語を学んで、お客様に喜んでもらえるサービス業用語を身につけましょう!

buzmid003.jpg

ビジネス会話のポイント

初めて中国語を勉強される入門~初級レベルの方には、中国語の基礎レッスンとビジネス中国語を並行して学んでいただくことをお勧めします。 しっかりと基礎を身につけることで、暗記するだけでは身につけることのできない、どのような場面においても学んだ中国語を応用しながら話せる力を身につけます。


buztop.jpg

SiGN_2017-10-08-1455.png

SiGN_2017-10-08-1501.png