語学留学の事前学習

 
語学留学の事前準備なら、台湾華語教学センターにお任せください!

現地の語学学校の授業は全てが中国語。

現地の大学付属の語学学校の授業は全てが中国語。中国語でコミュニケーションを取ることが困難な入門・初級クラスに入った場合には、補足説明があっても英語であったりと、授業のペースについていけない、多国籍のクラスメートと意思疎通ができないなど中国語を勉強してから留学をすればよかったと後悔するケースも少なくありません。

せっかくの留学だから有意義に過ごしたい!

留学スタート時の中国語力によっても1ヵ月後、3ヵ月後、半年後の中国語の上達度に大きく差がつくことや、 中国語を使 うことなく滞在期間を過ごしてしまう期間が長くなってしまうなど、留学前にどれだけ中国語を力を身に付けてきたかによっても、留学期間の充実度が大きく異なることもあります。

せっかく貴重な時間とお金をかけて留学に行くのですから、留学生活を有意義で充実した経験にしたいものですね。

台湾華語教学センターでは以下大学付属中国語センターへの留学事前準備に対応しております。各大学で使用されている教科書(主要教科書)を使用し、留学に向けた中国語のレベルアップを図ります。詳細については各大学の紹介ページをご覧ください。
 

  

 
※台湾華語教学センターでは留学仲介業務は行っておりません。各大学の入学お手続き並びに大学についてのご不明点については、各大学まで直接お問い合わせください。
※現地大学の中国語センターで実際に使用される教科書と異なることがございますので予めご了承ください。指定の教科書については、生徒さんご自身でご購入いただく必要がございます。詳しくは担当講師またはサポートまでご相談ください。
 

台湾国内の大学進学準備

 
台湾国内の大学への進学には、条件によって基礎レベル~中上級レベルの中国語習得が必要です。目標レベルによって学習準備期間は1年半~3年程度となります。

台湾の大学進学準備の流れ

 

①大学選定
志望大学・学部で求められる中国語レベル・成績の確認、また出願時に必要となる提出物(推薦状・語学力証明書・留学計画書・自己PR文等)について事前に確認をしておきましょう。
②学習計画
自身の現在の中国語レベルがどの程度なのかを確認した上で、大学で必要とされる中国語レベル到達までどの程度語学力が足りないのかしっかりと把握しましょう。大学入学までの期間を計算し、おおよその学習計画を作成しましょう。
③中国語試験対策
大学・学部によっては出願時に語学力証明書を求められることがあります。TOCFL(華語文能力測験)認定書が必要な場合には、出願日までに認定書を取得できるよう計画的に試験を受験する必要があります。
※詳しくは華語文能力測験対策ページをご覧ください。
④大学出願
留学計画書・自己紹介文など中国語で書く必要のあるものについては、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

 

※当センターでは留学エージェント業務・各大学の入学要項についてのご質問対応は行っておりません。ご不明点については大学まで直接お問い合わせください。 

\1レッスン1,690円(50分)で受講できます!!/