花蓮にある幼稚園から大学院まで擁する仏教系の私立の総合大学、慈済大学付属の中国語センター。創立者である上證下厳法師の「無縁大慈、同体大悲」の精神と教育理念である「以人為本、誠正信実」に基づき「淨化人心、祥和社會、天下無災難」を旨とし2003年8月に設立。学生の中国語を聞く、話す、読む、書くことを重視したカリキュラムには定評があり、書道や茶道など中華文化に触れることのできる無料講座を設けるなど、中国語と台湾文化ともにバランス良く学ぶ、体験できるのが慈済大学中国語センターの特色です。また、センター主催の慈済大学本科生との言語交換会なども定期的に開催されているので、現地の台湾人学生達と交流する機会もあり、言語交換相手を学内で探せるのも嬉しいポイントです。

近年日本人留学生が増加傾向にある台湾の中国語センターの中でも、慈済大学の中国語センターは日本人留学生の比率も高くないため、国際色豊かなクラスメート達に囲まれながら中国語を一緒に学べることも魅力の一つです。学内だけでなく、花蓮という場所柄、日本人を含む外国人居住率も都市部に比べてそれほど高い場所ではないため、現地の人たちと中国語でコミュニケーションを取る機会も多く、中国語を学ぶには最高の環境と言えるでしょう。また、留学する際の一番の悩みとなるのが住む部屋探しです。慈済大学には留学生も入居可能なキャンパスに併設された宿舎があるため、住む部屋を探す必要もなく、慣れない海外生活の中でも安心して留学生活をスタートできることも大きなポイントです。キャンパスから歩いて10分ほどの距離に大型スーパーや朝市、飲食店などもあるので、日常生活に困ることもありません。

入学条件 15歳以上
1クラスあたりの人数 3~8人
課外活動 書道・茶道・篆刻(毎週1回無料開講)
※その他有料講座あり
日本人学生の比率 5~10%
授業料(1学期) 30,000元~36,000元
※その他7~8週間のショートコース開講あり
個別レッスン 昼レッスン500元/夜レッスン600元(1時間)
主要教材 新版實用視聽華語、遠東生活華語、看報學中文、輕鬆學漢語、華語綜合讀本
学生交流
毎年春と秋コースにて慈濟大學本科生との言語交換活動あり
宿舎 校内に宿舎有り
1学期あたり(3ヶ月間)7,500元 

キャンパスは台湾東部に位置する花蓮にあります。アクセスは台北駅(台北車站)から特急電車で2~3時間ほど、花蓮駅(花蓮站)での下車となります。学校周辺には徒歩で行ける飲食店や大型スーパー、市場などもあるので生活面で困ることはありません。

花蓮は海に面した立地で、有名な観光スポット太魯閣國家公園や原住民文化に触れることができます。観光地を除き、台北などの都市部と比較するとそれほど外国人も多くないので、中国語をフルに使って現地の人とのコミュニケーションを楽しめる機会が多いなど、都市部とはまた違った留学生活がエンジョイできますね。

 
 
 
 

住所          花蓮縣花蓮市介仁街67號
電話番号                     +886-3-857-2677 # 1681-1683
E-mail                        cltc@mail.tcu.edu.tw
HP           http://www.language.tcu.edu.tw
※台湾華語教学センターでは留学仲介業務は行っておりません。大学の入学お手続き並びにご不明点については、大学まで直接お問い合わせください。